アコムは免許証だけで借りれる!審査も借り入れもスムーズに進む

アコムは免許証だけで借りれる!審査も借り入れもスムーズに進む

アコムは免許証で審査がスムーズに進む

リスト 自動契約機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
アコム急ぎ借り入れ
アコム公式ページ
http://www.acom.co.jp/

いわゆる無担保融資が原則の、個人を対象にしたアコム免許証だけのようなキャッシングの場合、何よりもまず、お金を借りに来た人が本人かどうかが精査されます。モノではなく人に直接お金を貸すという形になるので、どうしても身元の確認は欠かせないということになります。

そのためキャッシングの際は免許証を忘れずに持っていくと非常に手続きがスムーズに進みます。もし免許などをお持ちでない場合は、保険証などの別の身分証明書や、多少手間がかかりますが住民票の写しなどを持参していくようにして下さい書類だけでなく電話での本人確認がされることもあります。勤務先などに所属しているかどうかをチェックするという形ですね。

もっとも、それほどの心配はいりません。確かに、お金を借りようという相手から勤務先などに電話がかかってくるのはプレッシャーを感じるシチュエーションですが、本人の不利益にならないような受け答えを各社ともに考え抜いているからです。

そもそも、トラブルが起こって勤務先と揉めてしまうなどということが起きてしまったら、返済が滞る率も高くなってしまうわけで、そうした事態は絶対に避けたいというのが融資側の本音なわけです。

アコム免許証だけのように身元を確認するのは無担保である以上は半ば必然であり、利用者側が過度に恐れる必要はないと思います。

>>《スマホ》から24時間OK!今すぐ借りたいならアコムで申込み

アコム自動契約機検索
アコム免許証だけの審査では何を見ているのか?

アコム免許証だけのようなキャッシングの申込みをする際には、誰でも審査に対して通過できるかという不安がつきまといます。しかし、高収入で貯蓄が多い人はアコム免許証だけのようなキャッシング審査を受ける必要が無いので、そもそもお金を借りる必要がある人だけが審査を受ける点を忘れがちです。

希望利用額の多少はありますが、お金が無いからアコム免許証だけのようなキャッシング審査を受けるわけで、金融業者が見ているのは返済をしっかりしてくれそうな人かどうかという点に尽きます。

安定した返済能力の有無を確認するために行なう審査が、属性審査や信用情報審査であって、申込み時点の預貯金額については無関係です。クレジットカードの審査と同じと勘違いする人が多いですが、全く異なる点に注意しなければなりません。

クレジットカードの審査は、属性審査が大半を占めていて、信用情報照会に問題がなく属性審査にパスしていれば通過してしまいます。しかし、アコム免許証だけのようなキャッシングの審査については、現時点での借入残高と返済能力についての審査が中心となるので、属性審査よりも信用情報審査をしっかり行なう傾向にあるでしょう。

特に中小消費者金融では、大手消費者金融では属性重視となりがちな審査とは異なり、独自の審査基準により信用調査を行なうので、同じ属性であっても審査に通ることが少なくありません。

アコムのカードローンを無利息で利用するには?

大手消費者金融のアコム免許証だけでは、一定の条件を満たしてカードローンを契約することで、30日間金利が0円で借り入れができる特典があります。金利0円期間中に借り入れと返済を行えば、支払う利息をゼロとして借り入れができるので、短期間の借り入れには絶対的におすすめとなります。

しかし、誰がどんな条件で契約しても金利0円の特典を利用できるわけではありません。金利0円特典を享受するための条件について、詳しく見ていきましょう。

金利0円で借り入れをするためには、アコム免許証だけの利用が全くの初めてであること、そして返済方法を35日ごととして契約することが条件となっています。

過去にアコムから借り入れをした経験がある人や、カードローンではなくクレジットカードの契約をした人、そしてアコム免許証だけの利用が初めてでカードローンの契約をした場合でも返済期日を毎月返済などとして契約してしまった場合には、金利0円特典の適用対象外となるので注意が必要です。

なお、金利0円特典の適用期間ですが、アコム免許証だけのカードローンを契約した翌日か30日間が適用期間となります。

支払う利息をまったくのゼロとしたい場合には、契約日の翌日から借り入れを行い、30日以内に完済するように心がけると良いですね。

アコムの利用で金利以外に気をつけるべきポイント

アコム免許証だけのような消費者金融の利用では、金利が低い業者をなるべく選びたい方がほとんどではないでしょうか。返済額をなるべく少なくする為には、低金利のサービスを選ぶ必要があります。しかしほとんどの消費者金融の金利はそれほど差がありません。

また実際にアコム免許証だけのようなキャッシングを行う場合は、手数料なども気にする必要があります。金利が低くても手数料が高くなっている場合があるからですが、契約前に調べた上で業者を選ぶようにしましょう。

アコム免許証だけのような消費者金融を選ぶ際に金利を気にする必要はもちろんありますが、それ以外のこともしっかりとチェックして、良い業者を選ぶ事が大切になるのです。最近では無利息で利用できるキャッシングもあり人気になっています。

無利息とは言っても、無利息で利用する為には条件があるので、自分がその条件を満たしているのかしっかりとチェックしてみましょう。一週間いないに返済できる場合に、無利息になっている場合もありますし、初めての利用に限る場合もあります。

アコム免許証だけのような無利息キャッシングを上手に利用できると、非常にお得にキャッシングが利用できるので、上手に使いこなしてみましょう。キャッシング業者の数は非常に多くなっていますが、情報をしっかりと集めて、最適な業者を利用して生活に役立てる事が大切です。

アコムを利用する時にはATMの位置と楽天銀行口座を確認しよう

アコム免許証だけのような消費者金融へ申込みする前に確認する事項には、金利だけでなく借入れ手段と返済方法も含まれます。アコム免許証だけを選ぶ際には、アコムATMの位置と楽天銀行口座の保有が望ましいです。

なぜなら、アコム免許証だけは即日審査に対応しているので、最短即日融資を受けることも可能ですが、借入れと返済時にATMを利用する際にはアコムの専用ATMを利用する必要があるからです。

コンビニATMなどの提携先を利用した借入れと返済時には、提携ATM利用手数料がかかってしまうので、1万円以上の借入れや返済時に毎回216円かかることは負担になりかねません。アコムの専用ATM経由ならば、手数料無料で借入れと返済が可能ですから、ATMの位置が生活圏や通勤圏にあることが重要です。

一方、借入れについては、楽天銀行口座を保有していると24時間好きな時間に振込融資を受けられます。振込融資ならば手数料がかからず、楽天銀行に限定すればシステムメンテナンス時間以外はいつでも曜日時間帯に関係なく、振込融資を利用してお金を借りられて便利です。

平日14時迄に振込融資依頼をかけなければならないのは、他の銀行を振込先として指定した場合であって、楽天銀行とアコム免許証だけの組み合わせならばいつでも好きな時に借入れが出来るメリットがあります。

アコムの返済方法について

アコム免許証だけのようなカードローンが初めてという方は、分からない事が多いですよね。特に返済方法について理解していないと、お金を借りるのも不安だと思います。返済方法は金融機関により様々なのですが、いくつか種類があります。今回、このアコム免許証だけのようなカードローンの返済方法について色々と見ていきたいと思います。

便利なのは、専用ATMやコンビニATMを使った引落しですね。専用ATMやコンビニATMの場合は通帳に記録が残りません。ですので、もしお金を借りたのを家族に知られたくない場合などは有効だと思います。また、アコム免許証だけのようなキャッシングはコンビニATMは24時間行えるので、例え残業などで遅くなっても安心です。

一方、こういったATMは実際に足を運ぶ手間があります。足を運ぶのが面倒という方にお勧めなのは、自動で引き落とされる口座引落しです。しかし、 こちらの場合は通帳に記録が残ってしまいます。ですので、もしもお金を借りた事を家族に知られたくない場合は注意が必要ですね。

また近年、人気なのがスマホやパソコンから返済ができるネットバンキングです。場所や時間を問わずネットで返済ができる利便性は、とても今の時代にあった返済方法だと思います。こちらの場合も、通帳に記録が残るので気をつけましょう。

以上のように、カードローンの返済方法は様々にあります。もし通帳に記録を残したくないのであれば、専用ATMやコンビニATMを利用をお勧めします。

キャッシングを比較する時に注意したいこと

アコム免許証だけのようなキャッシング商品は、必ず利用規約を各社用意しているので、隅々まで細かく確認した上で申込めば後悔せずに済むでしょう。しかし、法律用語や金融用語に慣れていなければ、額面通りの意味合いしか分からず、本来意図する内容とは異なる解釈をしかねません。

複数のカードローン商品を候補として絞り込んだとしても、比較する際に専門用語の中身を読み違えていたら、重要なことに気付かないことが有り得ます。

例えば、定率返済方式を採用しているカードローン商品では、どの時点の元本を基準として定率返済を行なうのかという点を把握しておく必要があります。

毎月の締め日時点での元本に対して3%や4%といった定率を掛けた金額を返済する方式では、返済が進むにつれて返済額自体が少なくなるので、ある程度元本が減った段階で一括返済を行わなければ延々と支払いが続いてしまうでしょう。

一方、最終借入れ時点の元本を基準として定率返済が行われるのであれば、追加借入れを行わない限りは返済額に変更は無く、最終返済日のみ返済額が端数となるものの、最短回数での返済が可能となります。

追加借入れを一切行わないと決めて返済をしている限りは、元金均等返済よりも完済までの返済回数を少なく出来ます。